ダイエット レシピ

ダイエット中は食事のレシピにも気をつけていかないといけません。

食事制限はダイエットの基本ですから、何を作ればいいのかレシピが気になる人も多いと思います。

簡単に作れるもの。ダイエット効果が高いもの。など、レシピを決めていくポイントなどについて書いていきます。

ダイエット レシピ 人気

ダイエットのレシピで注意するのは、栄養素です。

糖質、炭水化物は控える。
たんぱく質を積極的に摂取していく。

まずは、この2点に注意して人気のダイエットレシピを調べてみるといいと思いますよ。

ネットで検索すれば、色々なダイエットレシピが出てきますので、美味しそうなものから試してみるのもいいのではないでしょうか。

スープ系が人気

人気のあるダイエットレシピの上位にあるのはスープ系でした。

スープならさらっと食べられますし、作り方も簡単なので試しやすいダイエットレシピなのではないでしょうか。

春雨に注意

ちなみに、春雨スープはダイエットにいいように感じるかもしれませんが、食べ方に注意しなければ逆効果になってしまいます。

春雨の原料は緑豆やじゃがいも、さつまいもなどのイモ類から採ったでんぷんです。

つまり、ヘルシーに見えても米やパンと一緒で炭水化物の部類に入るのです。

更に、炭水化物になりますので、糖質も多く含まれています。

糖質は人間にとっては必要な栄養素ではありますが、摂取のし過ぎは太りやすくなっていってしまいますので注意が必要です。

ダイエットレシピとして、春雨入りのスープなどが販売されていますが、これは春雨の量が少ないからです。

スープがメインと言っても過言ではないですし、そこにご飯やパンを一緒に食べることが多いですから、ダイエットレシピとしてはちょっと効果が期待出来ないのです。

少量であればいいのですが、ヘルシーに見えるからといって大量に食べるようなダイエットレシピは避けていくようにしましょう。

豆腐などの大豆製品もおすすめ

大豆にはイソフラボンが含まれていて、これは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをしてくれます。

例えば、生理前に食欲が増してしまうという人は、大豆製品を中心にしたダイエットレシピにしていくのもいいですね。

そうすればホルモンバランスを整えていくことが出来るので、食欲を抑えていくことが出来ます。

豆腐はカロリーも少ないですし、味付けを濃い目にしないで、それこそスープの具として入れてみるのもいいのではないでしょうか。

ダイエット レシピ 簡単

では、実際にどういったダイエットレシピを作っていくのがいいのでしょうか。

忙しい人でも簡単に作れるダイエットレシピを選んでみましたので、試していってみてはどうでしょうか。

レシピサイトのクックパッドなどで、簡単に作れて人気が高い食材を集めてみました。

「朝食編」

ラー油ごま豆腐

豆腐にごま油と麺つゆ、ラー油を数滴かけて、長ネギを振りかけただけのシンプルなダイエットレシピです。

忙しい朝でもすぐに用意することが出来ますし、豆腐は腹持ちもいいのでおすすめですよ。

納豆釜たまそうめん

そうめんを一束茹でて、たまご、納豆一パック、麺つゆをかけるだけのダイエットレシピです。

そうめんはすぐに茹で上がりますし、それほど時間を掛けずに用意することが出来ます。

納豆白滝パスタ

白滝をパスタの代わりにして食べるダイエットレシピです。

クックパッドでは、白滝、玉ねぎ、たまご、納豆、麺つゆで作っているダイエットレシピが人気のようです。

調理時間もほぼ無いようなものですし、時間が無い朝でもパッパと作れると思いますよ。

「昼食編」

きのこと豆腐の卵どんぶり

夜食にも出来るダイエットレシピです。

卵どんぶりで肉を入れずに豆腐に置き換えるだけです。

ご飯の量を少なめにしても、豆腐があるのでお腹に溜まりやすく、満足感を得られるダイエットレシピだと思いますよ。

豆腐グラタン

豆腐をメインの具にした豆腐グラタンも人気のあるダイエットレシピですね。

グラタン皿に豆腐を入れて、カップスープの素で作ったソース(規定量の半分のお湯で溶かしたもの)を掛けて、チーズとパン粉を乗せて、焼き色がつくまで焼くだけです。

昼食にもいいですが、具が豆腐だけですから、夜食にしてみるのもいいのではないでしょうか。

「夕食編」

こんにゃく丼

こんにゃくもダイエットに力強い味方になってくれる食材ですよね。

こんにゃくを使ったダイエットレシピも沢山ありますが、このこんにゃく丼はかなり簡単ですので試してみてはどうでしょうか。

糸こんにゃくを細かく切って鍋で抱き込んで、水分が蒸発したら器に盛ります。

こんにゃくを一口サイズに薄く切って、フライパンで焼いて味付けをします。

味付けしたこんにゃくを、糸こんにゃくの上に乗せるだけの簡単レシピです。

水分を飛ばすのが面倒に思うかもしれませんが、最初にレンジで温めて水分を飛ばしておけば時短にもなりますよ。

ダイエットレシピの特徴

以上に紹介したもの以外にも沢山のダイエットレシピがありますし、美味しそうなものも沢山ありましたが、それぞれの特徴を見てみると

・簡単
・豆腐やこんにゃくでかさ増し

というのが言えるのではないでしょうか。

勿論、豆腐やこんにゃくを使っていないダイエットレシピもありますが、ローカロリーで腹持ちがいいので、必然的に利用されやすくなるのだと思います。

豆腐ハンバーグやこんにゃくステーキも、有名なダイエットレシピですし、色んな所に応用してみるのもいいかもしれないですね。

あとは、栄養バランスを考えてサラダとして野菜を食べたり、たんぱく質を摂取するために肉や魚も食べていけるダイエットレシピを探してみるのもいいでしょうね。

ダイエット レシピ 一週間

ダイエット中はカロリーを抑えた食事をしていくのが基本です。

だからといって、美味しくないものや微妙な見た目のものを作ったり食べていくのは続けていきにくいですよね。

最近は見た目も良くて美味しそうなダイエットレシピも増えていますので、まずは一週間の献立を事前に立ててみてはどうでしょうか。

ダイエットレシピとして作り置きが出来るタイプであれば、忙しい時でもしっかり食べることが出来ますのでおすすめですよ。

ネットで調べると、一週間分のダイエットレシピが既に組まれているものもありますので、参考にしてみてもいいですね。

それをそのまま作ってみるのもいいですし、難しいようなら別のダイエットレシピと入れ替えてみてもいいと思います。

ダイエットレシピの注意点

既に一週間分のメニューが組まれているのをそのまま実戦していくのもいいですが、もし自分でダイエットレシピを組み立てていくのであれば注意した方がいい点も勿論あります。

それを知っていないと、せっかくレシピを考えてもダイエットが失敗してしまう可能性がありますので、まずは注意点を確認してみましょう。

野菜だけのダイエットレシピに注意

肉や魚を食べないで野菜だけのダイエットレシピは失敗する可能性が高くなるそうです。

野菜だけ食べるというのは逆に太りやすい体質になってしまうのでやめた方がいいですよ。

肉や魚にはたんぱく質が含まれていて、人間に必要な栄養素と言われています。

たんぱく質を摂取出来ていないと、筋肉を維持することが出来なくなってきてしまうので、体脂肪を分解していく力が弱くなってしまうのです。

肉や魚を食べると太るようなイメージがあるかもしれませんが、それは食べ過ぎてしまった場合です。

適度な量をきちんと摂取していかないと、太りやすくなってしまいますので、ダイエットレシピを考える時もきちんと取り入れていくようにしましょう。

また、たんぱく質は筋肉以外にも髪の毛、内臓を作っている原料です。

心身共に健康的に痩せていくためにも、ダイエットレシピ内でも意識してきちんと必要分は摂取していくようにしましょう。

炭水化物抜きのダイエットレシピに注意

炭水化物には糖質が含まれていますので、なるべく減らしていった方が、体重が増える原因を作らないで済みます。

ですので、ダイエットレシピにはご飯やパスタなどが使われていることは少ないです。

だからといって炭水化物を全く摂らないというのはよくないです。

炭水化物に含まれている糖質は、摂取量が減ると低血糖を招いたり、筋肉の量が低下していってしまいます。

痩せるために運動をしている人も多いですが、炭水化物を摂取していない人は、最初に一気に体重が落ちますが、次第に落ちにくくなっていくことが多いです。

食事から摂取した糖質は、脳や体を動かすエネルギーになりますが、数時間で消費されるものです。

これが無くなると、肝臓に蓄えていた糖、それが無くなると今度は体脂肪を分解して糖を作りエネルギーにしていきます。

体は常に糖を造っていますので、体のエネルギーになる糖質を全く摂取しないダイエットレシピを実行していると、筋肉量が減りますし、集中力が途切れてしまったりと生活に支障が出てきます。

前の項目でも話しましたが、筋肉は痩せていくのに必要なものですから、ダイエットレシピを考える時は炭水化物の量にも注意していけるといいですね。

ストレスに注意

ダイエットレシピを試していくのもいいですし、美味しいもの、見た目が良いものも増えてきているので、つらい食事制限は減ってきてはいると思います。

それでも、生活の変化はストレスになりやすいです。

今まで食べれていたものを我慢している分、ストレスも感じやすくなってしまって、ちょっとした誘惑に負けてしまうこともあります。

ストレスはなるべく抱えないようにしていくのは、痩せていくことで重要なことですし、ダイエットを続けていけるコツにもなります。

カロリーや糖質重視のレシピもいいですが、週に1回程度の自分ご褒美を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする