ダイエット レシピ 簡単

ダイエット用のレシピはネットや本でも紹介されていますし、アプリにまとめられていたりもします。

レンジで簡単に作れるものや手順の少ないものもありますから、試しに作っていってみてはどうでしょうか。

自炊をした方が外食よりも節約になりますし、カロリー計算などもしやすくなりますよ。

おすすめのダイエット食品

カロリーを控えめに出来ても、色んな食品を使ったダイエットレシピが紹介されています。

食事の面でのストレスを減らしていくためにも、最初の内は、自分の好きな食品のレシピを作っていってみるのがいいと思いますよ。

作ることやダイエットレシピの味付けなどに慣れてきたら、ダイエット効果の高い食品を選んでいってみるのもいいのではないでしょうか。

豆腐ダイエット

豆腐は低カロリーで高たんぱく質な食べ物です。

カロリーは低いのに、お腹がいっぱいになりやすいので、ダイエット中の食事に取り入れる人も多いですよ。

糖質の摂取を抑える

ダイエット中は炭水化物を減らしていくことになります。

炭水化物の中には、糖質が多く含まれているのですが、糖質は摂取し過ぎると、脂肪へと変換されていってしまいます。

ですが、豆腐だと糖質は9割に抑えることが出来て、カロリーはお米の50%、更にお腹も膨れやすいのでダイエットにおすすめなのです。

ご飯やパンの量を減らして、その分豆腐を食べていくようにすれば、それだけでも充分ダイエットすることになりますよ。

大豆の効果で内臓脂肪を溜めにくくする

大豆には大豆たんぱく質が含まれています。

この大豆たんぱく質は血液の中の余分な中性脂肪、コレステロールを抑える働きがあると言われていて、内臓脂肪を溜めにくくしてくれるのです。

内臓脂肪が溜まりにくくなれば、その分、既に溜まっている内臓脂肪を燃焼して、減っていくことになりますので、ダイエットにプラスになります。

大豆たんぱく質で代謝アップ

たんぱく質は筋肉の素になりますし、筋肉を増加させていくためにも必要不可欠です。

肉や魚の動物性たんぱく質を摂取するのもいいですが、大豆たんぱく質も立派なたんぱく質ですから、筋肉を作る助けをしてくれます。

しかも、肉や魚に比べて、豆腐はカロリーが低いですから脂肪の蓄積を防ぎつつ、筋肉を大きくしていけるのです。

筋肉量が増えるので、代謝も上がって、太りにくく痩せやすい体質になっていくことがなりますよ。

美容効果も高い

大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。

更年期障害の緩和や美肌効果が期待されていますので、豆腐を食べることでダイエットをしつつ、美容効果も得ていくことが出来るのです。

更に、大豆に含まれている大豆オリゴ糖を摂取していけば、ビフィズス菌も活発になるので、腸内環境を整えていくことも出来ます。

便秘解消にもなりますので、デトックス効果が得られますし、むくみの解消、美肌効果もアップしていくのです。

豆腐ダイエットの注意点

豆腐はそんなに高いものでもないですから、節約にもいいですし、いいことが多いです。

ですが、そんな豆腐ダイエットにも注意点はあります。

それは豆腐の食べ過ぎです。

カロリーが少ないですし、お腹がいっぱいになりやすいので、ダイエット中でも食べていきやすい食品ではありますが、大豆イソフラボンの摂取のし過ぎは逆に体に良くないのです。

大豆イソフラボンの摂取目安量の上限は1日75mgと言われています。

豆腐1丁(300g)に約60mg程度含まれていますので、豆腐を1丁食べたらほぼ上限いっぱいです。

食べ過ぎないように上手く食事のメニューに組み込んでいくようにしましょう。

その他の簡単なダイエットレシピ

ダイエットレシピとは言えるかは分かりませんが、食事の面で効率よくカロリーカットをしていきたいのでしたら、ダイエット食品による置き換えダイエットもおすすめです。

ドラッグストアや通販で売られているダイエット食品なら、低カロリーですし、栄養バランスもしっかりしています。

1食置き換えるだけでも、だいぶカロリー制限をすることが出来ますので試してみるのもいいと思いますよ。

短期間で体重を落としたいのであれば2食をダイエット食品に切り替えるだけで、効果は充分実感しやすくなります。

ただ、自炊したり豆腐を利用していくよりも、どうしても出費がかさみます。

その分、栄養補給も同時にしていくことが出来ますので、健康的に痩せていきたいのでしたら、ダイエット食品による置き換えダイエットを考えてみるのもいいかもしれないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする