ダイエット レシピ 人気

ダイエット中は食事が重要になってきます。

体重を落としていく方法は摂取カロリー以上のカロリーを消費していくことですので、摂取カロリーを抑えることが出来れば痩せやすくなっていきます。

ダイエット用のレシピはネットで探しても沢山紹介されていますし、本になっているものもあります。

人気が高いものを試してみたり、自分でアレンジをしてみたり、食事制限中でも食べることにストレスが無い方法を行っていきましょう。

ダイエットレシピで人気が高いもの

例えば、クックパッドで人気の高いダイエットレシピは「スープ」のようです。

他にも、ダイエットレシピを紹介しているサイトがあるので見てみると、ダイエットスープの紹介は多かったですね。

スープは野菜を沢山入れれば、低カロリーでお腹をいっぱいにしていくことが出来ます。

水分も一緒に摂れるので、満腹感も得ていきやすいです。

また、ダイエットスープとして脂肪燃焼スープなども紹介されていますので、効率よくダイエットを進めていきたいならそういったスープを利用してみてもいいですね。

脂肪燃焼スープとは

脂肪燃焼スープの魅力は

1.野菜を沢山食べることで、食物繊維を沢山摂取出来ます。
腸内環境が改善されて、便秘を解消出来る効果が期待出来る。

2.血液がさらさらになって、血行を改善していくことが出来るので、代謝アップが期待出来る。

3.体の中から綺麗になることが出来るので、免疫力が上がって病気になりにくい体を作っていくことが出来る。

といったことが挙げられます。

脂肪燃焼スープの始まりは、心臓外科手術前に体重を落とす必要があった肥満の患者さんが、健康的且つ短期間で痩せるために病院で出されていた食事が元になっていると言われています。

脂肪燃焼スープを食べると、短期間で体重を落としていくのが期待出来るのです。

脂肪燃焼スープのルール

脂肪燃焼スープは好きなだけ食べてもいい、と言われていますが、痩せていくにはルールを守っていく必要があります。

例えば、

「甘味料は摂らないようにする」
「ダイエット中の飲み物は水、お茶、ブラックコーヒーのみ」
「スケジュール通り食べる」

などですね。

実は他にも沢山ありますし、紹介しているサイトによって多少内容に違いがあることもあります。

スープのレシピを調べたサイトに記載されているルールを守っていくのが間違いないと思いますので、きちんと目を通して行っていきましょう。

脂肪燃焼スープは本当に痩せるのか

脂肪燃焼スープは短期間で痩せると言われていますし、病院で使われていた食事が元なので、効果が期待出来ます。

ただ、それでも「痩せた」という人もいれば「痩せなかった」という人もいます。

その痩せなかった人の意見を確認してみると

●途中で飽きた
●ルールを守りきれなかった
●生理と当たって上手く痩せられなかった

という口コミがありました。

スープの中身は野菜がほとんどです。

ですので、野菜が苦手な人には向いていないダイエット方法でしょうね。

ただ、野菜全てが苦手であれば対策は難しいですが、1品だけ苦手なのであれば代用の野菜を使うことでスープを完成させることも出来ます。

栄養素などをチェックして、苦手な野菜があるならそれに変わるものを使っていってみてはどうでしょうか。

また、生理中は体重が減りにくかったり、生理前は食欲が増したりもします。

ホルモンバランスが乱れて、気持ちの面も不安定になりますから、ダイエットが難しくなることもあります。

脂肪燃焼スープを食べる期間は7日間ですから、生理に当たらないようにスケジュール調整してみるのもいいと思いますよ。

野菜スープでもダイエット効果はある

脂肪燃焼スープほど、即効性は無いですが、野菜スープを食べていくのもダイエット効果がありますよ。

カロリー計算や摂取する栄養素のバランスなどを見ながら、楽しく食べていける野菜スープを作ってみましょう。

休みの日に沢山作っておいて、それを仕事の日に食べていくなど、その都度作らないようにしていけば手間も省けますよ。

その他のダイエットレシピ

スープが一番人気ではありますが、他にも色々な食品を作ったダイエットレシピがあります。

ダイエット中は、たんぱく質の摂取も筋肉を作っていく上で必要になるので、肉や魚を使ったものも調べてみてはどうでしょうか。

脂っこい部分は食べるのに抵抗があるかもしれませんが、カロリーの低い鶏肉(皮なしやささみ)などなら食べやすいと思いますよ。

お腹に溜まりやすい、食べ応えのあるレシピもありますから、なるべく食事の面でストレスを抱えないようなレシピを試していきましょう。

ストレスを抱えるとホルモンバランスが崩れて、食欲が増すこともありますから、注意していけるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする