ダイエット レシピ 一週間

ダイエット中は食事が重要になってきます。

一日の摂取カロリーを調整していかないと、運動量も増えますし、痩せにくいですからね。

色々なダイエットレシピもネットや本で紹介されていますので、まずは一週間のメニューを考えてみる所から始めてみるといいですよ。

まずは、食生活の見直しをする

太ってしまう原因はいろいろありますが、食べ過ぎはもしかしたら一番太る原因としては多いのではないでしょうか。

過食や栄養の偏りを改善していくだけでも、体重を落としたり、体型を変えていくことが出来ます。

ですから、まずは現在の食生活の見直しをしてみましょう。

規則正しい生活が出来ているのか。

食事の内容はどういうものか。

脂っこいものや甘いものは食べ過ぎていないか。

栄養に偏りはないか。

そういったことを見直していって、カロリー計算をする前にその問題点を改善していきましょう。

出来るだけ毎日、同じ時間に食事をするようにしたり、栄養バランスの取れた食事のメニューにしたり、間食を無くしたり、ですね。

それが出来るようになったら、ダイエット用の食事制限は結構簡単に出来るようになると思いますよ。

ダイエットメニューの決め方

食生活が改善されたら、より効率よくダイエットを進めていくために、食事制限をしていきましょう。

食事制限の基本は

●一日の摂取カロリーの調整
●低カロリー高たんぱく質の食事を心掛ける
●栄養バランスも取る

といったことになります。

一気に全て行っていくのは難しいと思いますので、まずは『一日の摂取カロリーの調整』から始めていきましょう。

摂取カロリーの調整

一日の目標摂取カロリーは『体重(kg)×30』で算出することが出来ます。

60kgの人が50kgまで体重を落としたいのでしたら、1800kcalから1500kcalにしていくと体重を落とすことが出来ます。

摂取カロリーが目標の範囲内であれば、1食のカロリーの割り振りはそれぞれ自由でいいことになります。

朝食、夕食を控えめにして、昼食はしっかり食べる。というのもいいですね。

控えるなら夜がおすすめ

ちなみに、カロリーの調整をしやすくするために朝食を抜く人もいますが、カロリー摂取量を控えるなら夜がおすすめです。

夜は夕食後の予定が寝るだけの人も多いですから、カロリーを摂取する必要がありません。

ですので、消化の良い軽いものを食べて、寝てしまうのが一番です。

また、夜22時以降で特に夜中の2時~4時は人の体が脂肪を溜め込む働きをする時間帯なのだそうです。

この時間に胃に食べ物は入っていない方がいいですから、あまりしっかり食べない方がダイエットの邪魔になりません。

お粥や野菜スープを食べてお腹を満たせたら、あとは早めに寝てしまうのがいいと思いますよ。

一週間の食事のメニューを決める

一日の摂取かロリーの調整をしやすくするには、あらかじめその日に何を食べるか決めておくのもいいですね。

朝昼夜と何を食べるのかを決めて、カロリーの計算をしておくと、楽ですよ。

コンビニなどで買って食べるとその都度、カロリーの量が変わりますが、自炊をしていけばだいたいは決まったカロリー量をキープ出来ます。

また、日頃から摂取カロリーを調整していれば、急に人に誘われて食事に行くことになっても多少でも食べ過ぎてもあまり気にしなくていいと思います。

勿論、毎日摂取カロリーを調整出来ている方がいいです。

ですが、週の5日間がカロリー調整出来ている人と、週の2日間しかカロリー調整が出来ていない人なら後者の方が体重の変化は期待出来ないですからね。

毎日しっかり食事制限をしていれば、たまには多少オーバーしてもそこまで悲観的にならなくて済むのではないでしょうか。

また、カロリー計算が出来ていれば運動量もどのくらい増やせばいいのかすぐに判断しやすくなりますからね。

食事の内容は低カロリー高たんぱく質が理想

そして、食事の内容ですが、低カロリーなのは当たり前ですが、たんぱく質の摂取もきちんとしていけるといいですね。

たんぱく質は筋肉の素になります。

筋肉があれば、脂肪を燃焼していきやすくなりますし、痩せやすく太りにくい体質になっていくことが出来ます。

毎日、たんぱく質の摂取が出来ればいいですが、筋トレを行う日や前日だけでもたんぱく質の摂取量を意識してみましょう。

そうすれば、効率よく筋肉量を増やしていきやすくなって、脂肪燃焼効果をアップさせることが出来るはずですよ。

ダイエット中の食事のメニューは事前に決めておきましょう

もちろん、毎日メニュー通りになるとは限りませんが、今は一週間のダイエットメニューをネットで公開している所もあります。

栄養士の方が組んだメニューや、ダイエットの専門家が組んだメニューもありますので参考にしやすいと思います。

もし作るのが大変なのであれば、同じようなカロリー量の簡単に作れるものに切り替えてみるのもいいですね。

大切なのは、カロリー調整が出来ているかどうかです。

そして、食事に関してストレスを抱えないことです。

楽しく食事をしていけるように、作り置きが出来るレシピや簡単に作れるレシピを探して、カロリー調整をしながら食事をしていくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする